どんなときに使うのか
 
契約 契約書をやりとりしているが相手方が直した部分を検証したい。
設計 仕様を変更したが変更部分をまとめた文書を添付したい。
翻訳 改訂版が届いたが翻訳すべき部分を抜き出したい。
印刷 直した部分を確認しやすい資料を顧客に提供したい。
管理 同じような文書が送られてきているが何処が違うのか知りたい。
 
 

MarkDiffは
Word
のメニューバーに組み込まれます

 

操作は簡単

 

 

マーキング文書(出力例)
 

 

変更点一覧(出力例)
 

No
変更前 変更後
1 二 国は地方公共団体の機関が発する告示、訓令、通達その他これらに類するもの 二 国若しくは地方公共団体の機関又は独立行政法人(独立行政法人通則法(平成十一年法律第百三号)第二条第一項に規定する独立行政法人をいう。以下同じ。)が発する告示、訓令、通達その他これらに類するもの 1    
2 (審議会への諮問) 文化審議会への諮問) 1    
3 第七十一条 文化庁長官は、第三十三条第二項(同条第四項において準用する場合を含む。)、第六十七条第一項、第六十八条第一項又は第六十九条の補償金の額を定める場合には、政令で定める審議会に諮問しなければならない。 第七十一条 文化庁長官は、第三十三条第二項(同条第四項において準用する場合を含む。)、第六十七条第一項、第六十八条第一項又は第六十九条の補償金の額を定める場合には、文化審議会に諮問しなければならない。 1    
4 第百二十四条 法人の代表者(法人格を有しない社団又は財団の管理人を含む。)又は法人若しくは人の代理人、使用人その他の従業者が、その法人又は人の業務に関し、第百十九条から第百二十二条までの違反行為をしたときは、行為者を罰するほか、その法人又は人に対し各本条の罰金刑を科する。 第百二十四条 法人の代表者(法人格を有しない社団又は財団の管理人を含む。)又は法人若しくは人の代理人、使用人その他の従業者が、その法人又は人の業務に関し、次の各号に掲げる規定の違反行為をしたときは、行為者を罰するほか、その法人に対して当該各号に定める罰金刑を、その人に対し各本条の罰金刑を科する。 2    
5   6 著作権登録原簿及びその附属書類については、情報公開法の規定は、適用しない。 2    
MarkDiff2010は、お客様の文書内へ変更点一覧を出力できます

Copyright (C) 1998-2013 UsersSoft Co.,Ltd. All rights reserved.