EagleCompare
 

EagleCompareのトラスト・ライセンスの販売は終了しております。

ご要望が多い為、10月末までは、cReportにEagleProを付けます。

  EagleCompare cReport
基礎体力 ひとつのファイル比較でもサイズが大きいとかなりの時間がかかる。 フォルダ比較の場合には数千、数万のファイル比較を実行する桁違いの比較スピード。
素質 リッチエディットコントロ-ルは過去の遺産になりつつある。 HTMLはインターネットの標準
能力 まれに比較エラーを起こすこともあるが、比較エンジンは改良されない。
(注) トラスト・ライセンス購入者には比較エラーのない改良エンジンを提供。
現在最高の比較エンジンを使用。今後も改良が行われる。
操作性 複数個所の場合には、フォルダ間を移動し、オプションの設定をし、ファイル選択して比較する。比較の都度、この繰り返しになる。 複数個所にオプション設定済の比較コントロールであるcRepファイルを置いてクリックだけで比較できる。
将来性 リッチエディットコントロ-ル関連のツールはほとんど開発されていない。 HTML関連のツールは増え続けている。
オプション 比較オプション、出力オプション 左記に加え長い行の折り返し、リンク、比較メニュー、一括比較など多数。今後も増える。
組み込み OLE(Microsoft固有仕様) HTMLの直接利用およびHTML経由での各種の組み込みツールの利用
 
OLEタイプの提供
平成15年10月末までは、cReportのライセンス数と同数のEagleProのライセンスが付きます。
それ以降は、cReportの正規ライセンスをお持ちのcReportを熟知したお客様が、上記の状況を認識した上で、弊社と合意した場合には、お客様が開発するアプリケーションで使用することを前提として、比較エラーを改善したEagleProの提供を行います。
cReportをご参照ください