Lan_cReport説明書

 

平成21年10月14日

目次...目次の番号をクリックすると本文へ、本文の番号をクリックすると目次へ戻ります。

はじめに

< Lan_cReport >のインストールとアンインストール

< Lan_cReport >のライセンス情報を入力する

「ライセンス使用状況」が表示されないとき

cReportを使用するマシンへインストールする

パスワード設定

cReport のアンインストール

メール中継(ライセンス登録・削除)

インストール・オプション

10インターネット接続していないマシンへの導入


はじめに

 
      Lan_cReportはインストール/アンインストールとライセンス管理のTCOを削減できます。
 
      Lan_cReportでは以下のことができます。
            cReportのインストール
            cReportのアンインストール
          ライセンス使用状況一覧の取得
            代理サーバーの設定
            パスワード設定
            インストール・オプションの指定
            WanRelayEntry接続でInterNet接続していないマシンへの導入
 
      Lan_cReportの特徴
            cReportのマシン変更を何度でも行えます。
            cReportの大量導入を短時間で行うことができます。
            cReportのインストール時に自動的にライセンス登録されます。
            cReportのアンインストール時に自動的にライセンス削除されます。
            ライセンス使用状況一覧をいつでも取得できます。
            ライセンス盗難防止をお客様によるパスワード設定で管理できます。
            Lan管理者マシンの特定によりライセンスの盗難を防いでいます。
 
.をお読み頂ければ、cReportを直ぐにご使用になれます。
上記以外は必要に応じてお読み下さい。
 
        (注意)  以下でいう「実行」とは、エクスプローラで該当ファイルを表示して
                ダブルクリックすることを意味しています。
                エクスプローラは、[スタート]を右クリックして表示されるメニュー
                の上から2番目にある[エクスプローラ(E)]を左クリックして開始して
                ください。

 


< Lan_cReport >のインストールとアンインストール

 

      動作環境
        Windows98/Me,WindowsNT/workstation,Windows2000,WindowsXP
 
      提供されるアーカイブ
        Lan_cReport_Install.exe
 
      インストール
        Lan_cReport_Install.exe を実行すると、以下が作成されます。
 
                < Lan_cReport >
                        Install_cReport.exe
                        < sys >
                               admiMenu.exe
                              <archive>
                                      xxxcReport.exe
                              <install>
 
        cReportを使用するマシンからInstall_cReport.exeを実行する為に、
        < Lan_cReport >あるいはその親をLAN共有フォルダにしてください。
        管理者以外は「書き込み禁止」にしておいた方が安全です。
 
     cReportのバージョンアップ版のセットアップ
        xxxcReport.exeをバージョンアップ版で置き換えてください。
               5.を行うとバージョンアップ版がインストールされます。
 
     アンインストール
                < Lan_cReport >を削除してください。

 


< Lan_cReport >のライセンス情報を入力する

 

(1)       admiMenu.exe をダブルクリックして開始します。
 
                < Lan_cReport >
                        Install_cReport.exe
                        < sys >
                               admiMenu.exe
 
(2)       「ライセンス情報の入力」の画面が表示されます。
 

 
                 ライセンス証明書に記載されている契約者名とライセンスNoを入力します。
 
(3)       LanInstall 管理者メニューの画面が表示されます。
 

 

            [実行]をクリックすると、ライセンス使用状況がブラウザに表示されます。
 
        この時点で、これを実行したマシンが管理者マシンとして登録されます。
            管理者マシンの登録後は、
                admiMenu.exeは、このマシンからしか実行できなくなります。
                お客様のライセンス情報を他人が使用しても拒否されます。
            管理者マシンを変更する場合は、弊社に連絡してください。
 

「ライセンス使用状況」が表示されないとき

 

     次のことを確認してください。
 
        インターネットに接続されているか?
        ライセンス情報が正しいか?
               管理者メニューの「ライセンス情報の入力」で再入力できます。
 
     代理サーバーを使用している場合
 
                               
                       [実行]をクリック
                               
 
               「使用するプロキシのアドレス」を入力して[OK]をクリックしてください。
 
     ファイアウォールがある場合は、以下の通過許可が必要です。
 
        http://www.userssoft.co.jp/site/scripts/sitekey.exe
        http://www.userssoft.co.jp/site/scripts/sitelst.exe
 

cReportを使用するマシンへインストールする

 
 
        cReportを使用するマシンから
        Install_cReport.exeをダブルクリックして実行します。
 
                < Lan_cReport >
                        Install_cReport.exe
                        < sys >
 
実行したマシンへのcReportの導入が開始されます。
 
 
               [OK]をクリックすると、<C:\Program Files><cReport>が導入されます。
 
 
               ライセンス登録も完了しています。
               [スタート][プログラム] [cReportスタート メニュー]からcReportを直ぐに使用できます。
 

パスワード設定

 
cReportのインストールとライセンス登録は極めて簡単です。特定のユーザーのみにcReport
使用させたい場合には、パスワードを設定しておくことが出来ます。
 
(1)           管理者メニューを表示して、「パスワード設定」を選択し[実行]をクリックします。

 

 

(2)           パスワードを入力します。入力がない場合はパスワードなしになります。

 

 

 
パスワード設定をしておくと、ライセンス登録、ライセンス削除、管理者メニューでパスワードを要求
するようになります。もし、管理者がパスワードを忘れた場合は、siteInfo.vvsを削除
してからadmiMenu.exeを起動してください。「ライセンス情報の入力」からのやり直し
になります。
                < Lan_cReport >
                        < sys >
                               admiMenu.exe
                               < sitedata >
                                      siteInfo.vvs
 

cReport のアンインストール

 
(1)   コントロール パネルの「アプリケーションの追加と削除」から
        cReportを選択してアンインストールを実行します。

 

 
(2)   ライセンス使用になっている場合、ライセンス削除が開始されます。
 
        管理者メニューの「パスワード設定」で入力をした場合は、次の画面が表示されます。
 
 
        ライセンス削除が正常に終了すれば、以下の画面が表示されます。
 

 

        この画面が表示されれば、ライセンスが戻されました。
        この画面が表示されない場合、
           @ バージョンアップであれば、このままバージョンアップ版を導入してください。
           A マシン変更であれば、再導入してからもう一度アンインストールをしてください。
 
(3)   アンインストールが正常に終了すれば、以下の画面が表示されます。
 

 


メール中継(ライセンス登録・削除)

 

        何らかのトラブルにより、出張先でcReportが使用できない状態になった時、
       以下の手順で、メールを介してライセンス登録をやり直すことができます。
 
(1)           ユーザーは、[cReport スタート メニュー][ライセンス登録]をクリックします。
 

 

 
(2)           ユーザーが、上記画面の[OK]をクリックすると下記画面が表示されます。
 

 

(1)(2)を行います。

 
(3)           管理者は、メールを受信してから管理者メニューを立ち上げます。

 

 
(4)           管理者は、上記画面の「メール中継(ライセンス登録・削除)」を選択し[実行]をクリックします。

 

 

(5)           管理者は、上記画面の処理を行ってから[OK]をクリックします。
 

 

管理者は、上記画面の処理を行います。

 
(6)           ユーザーは、下記画面の(3)の処理を行い、[OK]をクリックします。
 

 
(7)           ユーザーのマシンに下記画面が表示されます。

 

 


インストール・オプション

 
初期設定のインストール方法を変更した場合に指定します。
 
(1)            管理者メニューを表示して、「インストール・オプション」を選択し[実行]をクリックします。

 

 

(2)            初期設定のインストール・オプションは次のようになっています。
 
 
(3)            インストール時ではなく、初めての[比較の実行]の時にライセンス登録を行う設定。
 

 

ライセンス登録の確認メッセージは表示されません。

 

(4)            インストール・メッセージを表示しない設定。

 

 

インストール時の以下のメッセージは表示されません。

 

                               

 


10インターネット接続していないマシンへの導入

 

                < Lan_cReport >
                        Install_cReport.exe
                        < sys >
                               admiMenu.exe
                              <archive>
                                      xxxcReport.exe

 

 

(1)   上図のxxxcReport.exe だけをインターネットに接続していないマシンへ複写して
xxxcReport.exe
をダブルクリックして実行してください。

 

(2)   これ以降は、「8.メール中継(ライセンス登録・削除)」を行ってください。

(参考)メールではなくCDなどの外部媒体を使用して
    mail(1).txtなどを移動しても問題ありません。